INFORMATION J-POWERテレコミュニケーションサービスが施工管理アプリの機能を開発

2024.05.08

J-POWERテレコミュニケーションサービス株式会社(本店:東京都文京区、代表取締役:星 克則、以下「JPTS」)は、株式会社ミライ工事(本社:東京都目黒区、代表取締役:神山 庸、以下「㈱ミライ工事」)が提供する施工管理アプリ「ミライ工事DX」の、アルコールチェック機能、運転日報機能をはじめとする点検表機能を開発(以下、本開発)しました。

開発の背景

JPTSは施工現場におけるDX推進の一環として、2022年7月より「ミライ工事」アプリを導入いたしました。もともと、高いセキュリティ機能を有したスマホアプリによる業務効率化を検討していたところ、「ミライ工事」アプリは、モバイル操作で現場写真に特化し、初見でも使いやすい点や協力会社をフリー招待できる点でユーザビリティが高く、利用者の声を反映し毎週アップデートを施していることから採用したものです。
その上で、写真台帳作成の効率化を念頭においてスタートし、更なる業務効率化を実現するため、㈱ミライ工事と点検表機能を付加させることに至りました。 また、㈱ミライ工事は膜構造建築を施工する太陽工業株式会社からカーブアウトした企業であり、同じ建設業界の一員として、業界の働き方改革等の課題にアプリ開発を通じて取り組む姿勢や志に共感できたという背景があります。

開発の内容

本共同開発においては、JPTSが、施工管理アプリ「ミライ工事DX」にもともと備わっていなかったアルコールチェック、運転日報作成を実現する機能について、㈱ミライ工事へカスタマイズ(開発費用の一部負担を含む)することを企画提案し、「ミライ工事DX」の標準機能として㈱ミライ工事が同機能の開発・実装を行い、JPTSがアプリを月額で利用するものであります。

本開発により、新たに実装された機能は以下の通りです。

  • アルコールチェック機能(写真撮影・貼付・申請、遠隔からの確認など)
  • 運転日報機能(項目カスタマイズや遠隔からの承認など)
  • 自社Excelレイアウトをそのまま利用できるカスタムエクセル機能のアップデート

今後の展望

本開発は、JPTSの具体的なニーズに対応して、JPTSと㈱ミライ工事が共同開発したものです。JPTSは、グループであるJ-POWERグループ企業へ本機能を横展開し、高いセキュリティ機能を維持したまま「ミライ工事DX」アプリを利用できるようにすることで、運転日報はもとより、日常点検の点検表作成などの業務のペーパーレス化や業務効率化などのグループDX推進につなげていきます。 ㈱ミライ工事は、同様に共同開発先が多岐に広がることで標準機能が充実し、ユーザビリティやサービス品質が向上し、なくてはならない工事DXアプリとなることを目指します。