Two businesses

2つの事業

当社の事業は、企業サイトにもあるように「情報通信に関する事業」「モバイルネットワークに関する事業」「無線局登録検査等」の事業に大別されます。これらは受注先で大きく、次の2つの領域に分かれます。
J-POWERをはじめとしたJ-POWERグループから受注する仕事を「JP事業」、もうひとつはJ-POWERグループ以外の企業や自治体から受注する仕事で「外部事業」と呼んでいます。ここ数年、JP事業と外部事業の売上高は、ほぼ同規模で推移しています。当社の事業は、大きく、2つの領域に分かれます。
OUR COMPANY
JP事業
J-POWERが保有する全国の発変電所には、情報通信設備(電力保安通信設備)が備わっており、発電に関する様々な情報が情報通信網を通じてやり取りされています。発電業務に欠かせないこれらの情報通信網を全国規模で保守・構築する業務が、私たちの仕事です。
これらの設備に障害や事故が発生し、情報通信網が遮断されると、最悪の場合、発電がストップします。これにより電力の安定供給という使命を果たせず、私達の生活にも大きな支障が発生します。
私たちは設備に異常がなく、正常に稼働するか、常に点検し修繕し見守るという重要な任務を担っています。

外部事業
外部事業はJ-POWERグループから受注した仕事で培った技術や経験を活かしたもので海外の無線通信プロジェクトにおいても施工実績があります。現在では時代の要請に応えるべくこれまでに培った技術でモバイルネットワーク等を主な事業活動としています。
主なお客様は、「KDDI」「東京ガス」および「官公庁」が中心で、お客様の所有する重要な社会インフラ設備を支えるお手伝いをしています。
Copyright (c) J-POWER Telecommunication Service Co., Ltd. All rights reserved.